Author Archives: admin

千葉の葬儀の一般的な流れは?

千葉の葬儀の一般的な流れはどの様になっているのでしょうか?最も多い仏式の葬儀の流れは以下の様になっています。

家族が亡くなった後、まずはご遺体を自宅などに安置し、僧侶を招き、枕づとめといってお経を上げていただきます。

菩提寺の僧侶、遠方の場合は同じ宗旨の寺院の紹介を経て招きます。

戒名をつけていただき、その後、家族、親族が集まり、合唱礼拝、死化粧、仏衣をかけ納棺となります。

次に通夜式の準備に入り、祭壇飾りをします。

通夜式では僧侶が到着したら、一同は式場に着席し、僧侶入場後、読経、参列者は焼香をします。

喪主の挨拶にて通夜式は閉式となります。

その後、通夜ぶるまいといって僧侶、参列者に軽い食事をもてなします。

翌日は葬儀告別式となり、葬儀社のスタッフと喪主、世話役の人などで、席順、葬儀委員長挨拶の内容、弔辞の依頼、弔電の披露、火葬場に同行する人数などを事前に打ち合わせを行います。

通夜式と同様、僧侶入場し、読経。

弔辞と弔電拝読。

遺族と一般焼香。

僧侶退場後、遺族代表の挨拶。

告別式はここで終了となります。

告別式終了後、遺族や参列者で祭壇のお花を棺にいれて飾る別れ花をし、棺の蓋を釘で打ち付ける釘うちの儀式を行います。

その後出棺、火葬場へ移動。

火葬後、骨上げをして収骨。

遺骨を持ち帰り、還骨法要と精進落とし、初七日法要を行い、精進落としで葬儀でお世話になった方などにもてなします。

千葉の葬儀で仏式であった場合、ご遺体の安置後、枕づとめ、通夜式、葬儀告別式、別れ花、出棺、火葬、還骨法要、初七日法要という流れになります。

千葉の葬儀のするべき準備は?

千葉で葬儀をするとなれば、様々な準備が必要となってきます。

いざとなれば、慌ててしまうということも少なくありませんが、どの様な準備が必要かということを頭にいれておくと良いでしょう。

遺族の準備としては、喪主、宗教形式、葬儀の規模、予算、日程、式場、寺院や協会への相談、葬儀社の決定、葬儀社と打ち合わせ、世話役など役割分担、喪服の用意などになります。

★関連リンク→一般的な「お葬式」にかかる費用はどれくらい? | マイナビニュース

いざ、忘れてしまっていても、葬儀社に依頼した時点でサポートしてもらえるのでそんなに心配することはありません。

(1)喪主

葬儀の代表者。

通夜式の前に必ず決めておきましょう。

既婚者であった場合は配偶者が一般的、基本的には血縁関係の濃い人がするべきもので、配偶者でない場合は、長男、次男、男子がいない場合は長女、次女、もしくは両親、兄弟という場合もあります。

(2)宗教形式

葬儀をどの形式でするかということはできるだけ早く決定しましょう。

基本的には故人の信仰していた宗教、故人の意向に添った形式で行います。

最近では無宗教葬も増えています。

(3)葬儀の規模と予算

どれくらいの人に訃報を知らせて、どれくらいの規模の葬儀をするかということは故人の意志があればそれを尊重するべきですが、遺族は無理の無い範囲ですることも大切なことです。

(4)日程

葬儀の日程は早くしたいと考えても、僧侶や式場、火葬場の日程、また遠方からくる親族などの日程も含めて考慮する必要があります。

友引の日は一般的に葬儀はしないとされています。

(5)式場

公営斎場、民間斎場、自宅、地域の公民館、寺院などで行うことができます。

規模や予算、日程に合わせて検討する必要があります。

千葉の葬儀をする際には、喪主や宗教形式、規模や予算などの決定など、その他にも様々な準備があり、葬儀社のサポートの上行っていきます。

千葉の葬儀で人に知らせる?

千葉で家族が亡くなった場合、葬儀をするまでに訃報を知らせなくてはなりません。

この訃報をどんな風に知らせるのか、知らせるべき人、知らせる順番はどの様になっているのでしょうか?

家族が亡くなるのは突然な場合もあり、夜中ということも少なくありません。

夜中であっても近親者、親族にはすぐに知らせるべきことですので、電話で速やかに行う様にしましょう。

よほど近しい友人、知人に関しては、失礼のない時間帯にできるだけ早く電話にて連絡し、葬儀の日程などは改める旨を伝えるといいでしょう。

故人との関係が深くあり、葬儀にできるだけいらしていただきたいと考える相手には電話で連絡すること、葬儀の日程が決まってからの連絡でも良いです。

遠方の方で葬儀に参列していただきたいと考える場合は、移動手段やホテルの宿泊などの準備もいる為、できるだけ早く連絡すると良いでしょう。

訃報を知らせる順番としては、近親者、親族が一番、次に葬儀社、菩提寺となります。

更に故人の友人、知人、会社関係者など故人と直接関係のあった方になります。

必要に応じて、遺族の友人、知人、会社関係者などにお知らせし、ご近所や町内会にも連絡します。

故人の友人、知人に知らせることによって、更に家族が知らない友人、知人に連絡がしていただけることもあります。

千葉で葬儀をする場合、まずは近親者、親族に訃報を電話で伝え、葬儀に参列をしていただきたい方にはできるだけ電話で速やかに連絡をするといいでしょう。

千葉の葬儀でまずすることは?

家族が亡くなるということは、例え長い闘病生活である程度の覚悟を持っていたとしても、いざとなれば、深い悲しみもあり、また取り乱してしまうということは少なくありません。

それだけ家族を失うということは辛いことなのですが、残された家族は故人のために最期のお別れをしなくてはなりません。

●Pickup記事⇒《URL:http://president.jp/articles/-/12296

いざ、葬儀をするとなった場合、千葉に住んでいるのであれば、できるだけ近い千葉にある葬儀社を探す必要があります。

病院で亡くなられた場合は紹介される葬儀社もありますが、最近では自身で葬儀社を探して葬儀を依頼するというご家庭の方が増えている様です。

どんな葬儀社を選ぶかで、どんな葬儀になるかということが変わってきますので、この葬儀社の選択はとても重要なことです。

千葉の葬儀社を選ぶ時には一社をいきなり選ぶのではなく、少なくても三社程度をピックアップし、見積書を比較することをおすすめします。

なぜならば、葬儀というのは日常的なことではなく、また自由価格設定ということもあり、普通の人には価格の相場というものがわからないからです。

幾つかの葬儀社に見積を依頼することで、葬儀にはどれくらい費用がかかるのか、適正な価格を提示してくれているのかということを知ることができます。

無理に高い費用のプランを勧めてくる様な葬儀社や明確ではない見積を出してくる葬儀社などもいるので気をつけましょう。

千葉で葬儀をするとなった時にまずするべきことは、良い葬儀をするために、良い葬儀社を見つけるということです。