千葉の葬儀のするべき準備は?

By | 2016年4月9日

千葉で葬儀をするとなれば、様々な準備が必要となってきます。

いざとなれば、慌ててしまうということも少なくありませんが、どの様な準備が必要かということを頭にいれておくと良いでしょう。

遺族の準備としては、喪主、宗教形式、葬儀の規模、予算、日程、式場、寺院や協会への相談、葬儀社の決定、葬儀社と打ち合わせ、世話役など役割分担、喪服の用意などになります。

★関連リンク→一般的な「お葬式」にかかる費用はどれくらい? | マイナビニュース

いざ、忘れてしまっていても、葬儀社に依頼した時点でサポートしてもらえるのでそんなに心配することはありません。

(1)喪主

葬儀の代表者。

通夜式の前に必ず決めておきましょう。

既婚者であった場合は配偶者が一般的、基本的には血縁関係の濃い人がするべきもので、配偶者でない場合は、長男、次男、男子がいない場合は長女、次女、もしくは両親、兄弟という場合もあります。

(2)宗教形式

葬儀をどの形式でするかということはできるだけ早く決定しましょう。

基本的には故人の信仰していた宗教、故人の意向に添った形式で行います。

最近では無宗教葬も増えています。

(3)葬儀の規模と予算

どれくらいの人に訃報を知らせて、どれくらいの規模の葬儀をするかということは故人の意志があればそれを尊重するべきですが、遺族は無理の無い範囲ですることも大切なことです。

(4)日程

葬儀の日程は早くしたいと考えても、僧侶や式場、火葬場の日程、また遠方からくる親族などの日程も含めて考慮する必要があります。

友引の日は一般的に葬儀はしないとされています。

(5)式場

公営斎場、民間斎場、自宅、地域の公民館、寺院などで行うことができます。

規模や予算、日程に合わせて検討する必要があります。

千葉の葬儀をする際には、喪主や宗教形式、規模や予算などの決定など、その他にも様々な準備があり、葬儀社のサポートの上行っていきます。