千葉の葬儀は大変?

葬儀というのはいつどこでするかなんてこと、誰にも予想できませんよね。

生まれた所が北海道であっても、千葉に移り住んでそこに家庭を築いていれば、自身の葬儀は千葉で行われる可能性が高くなります。

最期を迎えたその時に自分がどこにいるか?それによってどんな葬儀になるかも変わってくると言えるでしょう。

ここ最近では葬儀といえば、簡素化が進み、更に場所や内容においても都市化といって、地域の特色を出すということは少なくなってきました。

よって、若い世代の人や都心での葬儀にしか参列したことのない人は基本的には同じ様な葬儀しか見ることが無いのではないかと思います。

しかし、葬儀にはそれぞれの地域に古くから伝わる習わしというものがあって、今もなお守られている地域も少なくありません。

千葉においても海岸沿いの地域や農村部などでは、昔ながらの葬儀が行われていて、他の地域からお嫁に行った人や移り住んだ人などは驚くこともあるかもしれませんね。

特に色濃く残っている風習といえば、葬式組といって、葬儀がご近所であるとなれば、葬家にすぐにいって、様々な葬儀の準備を担うというものがあります。

仕事があったとしても、いの一番に駆けつけるとか…。

昔はできても今は現実的ではないという習わしもあるので、知らない人にしてみたら、千葉の葬儀は大変と感じることもあるかもしれません。

千葉の葬儀は、最近では簡素化されていわゆる一般的な葬儀になりつつありますが、いまもなお古くからの習わしを守っている地域もあります。

◇Check!>>千葉葬儀作法